会社社員の採用に関する信用調査ことはじめ

MENU

人を雇うときには探偵に依頼をし素行調査をして信用に足る人間か確認を


日本は労働者の権利が非常に強く一度正規雇用をしてしまうと、会社側は簡単に解雇をすることができません。不況の今の時代は圧倒的に企業側が有利だと思われていますが、雇用してしまった労働者を解雇する自由がありませんから面接の時だけいい顔をして実はその瞬間だけいい顔をしているといった人間を採用してしまうととんでもないことになってしまいます。

 

このような理由もあって企業側は人の雇用に慎重にそして神経質になってしまうものですが、リスクを少しでも低減させたいと思った時には探偵に素行調査を依頼して、その人物が本当に信用できる人物なのかプロの目を通して確認をしてリスクを回避することができるのです。

 

素行調査をするにはある程度の費用が発生してしまいますから、それを気にする企業もあることでしょうが一度危険人物を雇用してしまった場合には、いつまでも解雇をすることができずに給料を支払い続けなければなりませんから、それと比較をすると素行調査にかかる費用というのははるかに安く保険だと思えば支払いをためらうようなものではありません。

 

働かない社員を雇うというのは処理することのできない大きな負債を抱えてしまうことになりますから、少しでもコストを抑えて運営をしていきたい企業にとっては死活問題です。そのため、企業が人を採用するにあたってリスクを最小限に抑えるためには素行調査を行って、その人物が本当に企業のために働いてくれる人間なのかを確認する必要があるのです。

 

特に素行調査を確実にされるのは会社員よりも「警察」という職業についている人です。→警察官だと自分の身の上を調査されるの?このような事例だと確実に警察になる人、その恋人、親族まで調べられてしまうようです。会社員は警察よりはゆるいですけど、それでもシビアな会社もありますからね。

優秀な人材というのは、どこの会社にいっても良い働きをするものですが、スキルのある人材を他社から引き抜くということを考えているかもしれません。その人の職場よりもずっとよい待遇で、自分の会社で働いて、会社を立て直すために頑張ってもらいたいという強い思いがあるのです。ですがその前に注意したいことは、スキルや仕事ぶりには問題がなくても、本当に信頼できる人なのかどうか、なにか自分の会社のとって悪いことをたく...
小さな会社を経営しているのですが、ある時中途で自分の会社には勿体無いぐらいのキャリアを持った男が応募してきました。なぜ、自社に応募をしてきたのかわからないぐらいだったのですが受け答えをした感じでも確かにそのキャリアの片鱗を感じさせるものがあり、これは掘り出し物かなという気がしました。最初は単なる面接の練習台にでもされているのだろうという気持ちでいたのですが、真剣に入社をしたいと思ってくれているよう...
以前働いていた企業は、それ以前の経歴についての素行調査が非常に綿密でした。卒業した学校や以前の勤務先への聞き込みや確認はきっちりと細かく行っていました。中途採用の候補者として、非常に優秀な人が来た時のことです。有名大学を卒業して大手の銀行に勤務の人で、お話ししたところ人柄もよく、仕事の内容もぴったりで、こちらは今すぐにでもという感じでした。当時の会社では、ほぼ決まった時点で、本格的な素行調査を開始...