探偵に素行調査をしてもらったことによりリスク回避ができた

MENU

小さな会社を経営しているのですが、ある時中途で自分の会社には勿体無いぐらいのキャリアを持った男が応募してきました。

 

なぜ、自社に応募をしてきたのかわからないぐらいだったのですが受け答えをした感じでも確かにそのキャリアの片鱗を感じさせるものがあり、これは掘り出し物かなという気がしました。

 

最初は単なる面接の練習台にでもされているのだろうという気持ちでいたのですが、真剣に入社をしたいと思ってくれているようでこれはこちらとしてもありがたいと思っていました。しかし、どうしても引っかかる部分がありこれだけの人物だったら他の企業でも引く手数多なのではないかと考え、なにか裏があると思った末に探偵に素行調査をしてもらうことにしたのです。

 

小さな会社からすればこの費用も決して安いものではありませんが、これで採用した後に問題がある人物だと発覚すればそれこそ大きな損失ですから、保険として出費を受け入れることにしたのです。問題ない人物であれば十分お釣りが来るぐらいに活躍が見込めますし、問題ある人物であればリスクを回避することができるわけですから悪く無いと思ったのです。

 

結果としてはかなりとんでもない男であり、キャリアは学歴はまるっきりデタラメの詐欺師まがいの男だったのです。

 

探偵に素行調査をしてもらったことによって、事実をはっきりさせることができたのですんでのところで危険な人物をまねきいれることを避けることができたので助かりました。